NIMRA 2022年の研究会

2022年総会

日 時:1月19日(水)19:00〜21:00
場 所:櫻文化サロン(名駅永田ビル)
内 容:
 2021年の活動報告と決算、2022年の事業計画・予算・役員人事を決定した。
 会長:舩木堅太郎

(TOPへ戻る)

2022年3月例会

日 時:3月23日(水)18:30〜20:00
場 所:櫻文化サロン(名駅永田ビル8階)
講 師: 団野 誠 氏 (NIMRA会員)
テーマ:「リタイアライフとネット ー実名サイト『晴球雨読』体験論ー」
内 容

都市のいまと将来を考えるうえで重要要素のひとつとなる社会のネット化とリタイア老人の生き方について、講師が退職後に開設したブログサイト『晴球雨読』を題材に、まもなく古希を迎えるリタイアシニアがネット社会とどうつきあっているかお話頂いた。

■サイトはどんな構成なのか
・新聞社を2000年6月に退職し、11月に開設した。
・タイトル「晴球雨読」は「晴耕雨読」のもじり
・サーバー契約や管理ソフトの導入、ロゴなどすべてを自作
・9つのカテゴリーに590本の記事
・ピックアップ25本がスライド
・最新記事(写真+見出し)が10本
・32のタグでも横切り
・サイト内検索機能も→たとえば「nimra」検索で4本ヒット

■なぜ「ブログ」だったのか
・記者として記事を書けたのは50歳まで
・管理職8年、不動産活用10年をへて退職
・紙面で書けなくなっても本や映画の体験記をノートに
・16年分500本強の蓄積記事を原資にブログサイトに
・大好きな「書くこと」と「ゴルフ」を合体
→自称ブロゴルファー、サイト名も「晴球雨読」

■ネット上でサイトはどこにあるか
・サーバーを有料で借りている
・そこにソフトウェアや記事、写真が保管さている
・ネット来館者は保管記事をいつでも自由に観られる

■ブログはなぜ「独自サイトで「実名」
・独自サイトは「商店街なら独立店舗」「美術なら個人美術館
・無料の投稿プラットフォーム(note、Ameba)を利用すると「SCに間借りの1店舗」「絵画なら共同展の一角展示」
・独自サイトはデザインも自由だが、「集客力」は知名度がないと弱い。
・署名記事の経験があり「実名」には迷いなし/匿名は訴求力が弱い
・新聞社に居ても仕事は「三人称複数」→「一人称単数に戻りたい」
・村上春樹の2020年の新作タイトル『一人称単数』に驚き

■なぜカテゴリーが9つなのか
・ゴルフのアウトとインが9ホールずつ
・本を4つに、街歩きを3つに分割した

■どれくらいの費用がかかっているか
・開設時には2万8千円(1年間のサーバー賃料込み)
・2年目以降はサーバー賃料として26400円
・パソコン代と光ファイバー回線・WI-FI費用はブログ開設なくても必要

■広告は掲載していないのか
・最初から考えていない。「読まれる記事」「いいね」を意識するのが嫌だった。
・そもそも広告がとれる記事を書けるとも思わず

■何人くらいがサイトを訪れているのか
・月平均300人(1日あたり7〜110人)
・どちらにしろ、この数では収入にはならない

■ブログサイト運営の悪い点は何か
・本や映画を選ぶ時に「後の文章化も楽しめるか」まで考えてしまう
・サイト訪問者数やFB「いいね」数を増やすことが目的になりがち。

■サイトの未来をどう描いているか
・英国エジンバラに滞在し別枠のカテゴリーを設けて現地からアップしたい
・考えているのは「リンクス便り」「パブ・スコッチ巡り」「街歩き」
・子供や親友が元気を確認できる場であればよい

■リタイアライフとネット
・これまで何に夢中だったか、これから何に時間と金を使いたいかがカギだった。
・ぼくは「書くこと」と「ゴルフ」が残った。
・ネットは必要最低限にして、リアルな場を大事にする選択もあると思う

(文責:MD)

(TOPへ戻る)

2022年5月例会

日 時:5月20日(金)18:00〜20:00
場 所:櫻文化サロン(名駅永田ビル8階)
テーマ:「昨今の国際情勢について」

内 容
 急激な円安、緊迫するウクライナ情勢、経済安保法成立後の対応等、激動の世界のなかで日本はどう動こうとしているのか? 最新の情報と見通しをお話しいただきます。

(TOPへ戻る)

2022年7月例会

日 時:7月20日(水)18:30〜20:00
場 所:櫻文化サロン(名駅永田ビル8階)
講 師:舩木 堅太郎 氏(NIMRA会員)
テーマ:「退職高齢者主体の開発途上国支援の一例」

内 容
 現役時代に身につけた知識と経験を生かして定年退職後、途上国の清潔な水アクセスの改善を支援する一例を紹介しました。

 NIMRAの構成員も高齢化しているわけですが、この高齢化を一つの文化的テーマとして採りあげるべしというのが私の主張であります。今回のテーマを「高齢者主体の・・・」としたのは、支援活動に実際に従事する全員が七十代という、高齢化時代の一つの文化的側面を見てみようということです。

開発途上国とは、
支援対象はカンボジア王国シェムリアップ州チクレン市のソンワイ町の中の8集落(我々は○○村と称しています)。そこに7〜8年前にアジア開発銀行の融資を受けて村落水道(深井戸+ポンプ+高架水槽+送配水管+各戸メータで構成される)が設置された。が、・・・・。

支援とは、
村落水道なるものは、トラブルが多くてうまく運営されていない。(ポンプが壊れる、パイプが壊れる)JICAとの契約のもとに、ソンワイ町の8集落の施設とその管理状況、送配水管の状況各戸の水使用状況、収支管理の状況等をつぶさに調べ、適切な運営の手法を8種楽に定着させ、その成果をモデルに5年後にはシェムリアップ州全体のみならず全国にまで望ましい管理システムを普及させようという目論見。

村落水道とは
村落水道という言葉はここだけのもので、日本での水道とは全くの別物です。

深井戸 水中ポンプ 操作盤はどうなっていたか?
深井戸というのは、地上から150m〜250mの深さまで200mmケーシング径を撃ち込んで、帯水層にスリットを設けたものです。深井戸ですから手押しポンプでは汲み上げられません。井戸内の水面位置は地上から20m〜40mの深さですから、直径45mm〜60mm、0.75kw〜2.1kw 長さ60cm〜90cmくらいの水中ポンプを使います。この水中ポンプは、高架水槽の水位が低くなるとフロートスイッチによって起動し、満水になると停止するように作られています。簡単な仕組みですから、問題が起きるなど想像もできませんでした。しかし現地調査では、驚くようなことが起きていました。ブレーカ+コンタクターではなくナイフスイッチが使われている! コンタクターが無い! コンデンサー回路が焼け焦げている! 操作盤内に鳥の巣がある。コンデンサーを入れたボックスが操作盤の外にぶら下げられている。電線が立木にひもで支持されている。電柱にある各戸への分電盤が蔓に絡まって見えない。ポンプ停止時に吐出管が空になってしまうのは、逆止弁が故障しているのか。等々

調査で判明したことはほかにも多々あります。また調査事項は、井戸水の水質、パイプの敷設状況、経理の状況等を順次調べてゆきます。

結果カンボジアの田舎に暮らす人々の暮らしがどのように変化したが、もちろん重要ですが、日本の高齢者がどのような境地を切り開けたかも同じくらい重要と思っています。

(文責:KF)

(TOPへ戻る)

(ホームページへ)